乳がん検診に行って体の不安を解決してみよう

乳がん検診に行ったことがないという人でも、女性の方なら考えたことはあると思います。ですが日本ではまだまだ乳がんに対する関心や知識が低いために、しこりなどの自覚症状が出てから検査を受ける人が多く、発見された時にはすでに進行している場合が少なくありません。昔に比べたら、だいぶピンクリボン運動も発展してきたように思うのですが、それでもまだまだ普及していないほうでしょう。イギリスでは自己検診のみとマンモグラフィ検診のみと何もしない者を比較した結果、マンモグラフィ検診群で27%の乳がん死亡率の減少が認められましたが、自己検診群では減少しなかったとしています。いかに検査が大事かわかります。ですから乳がんを知るには、まず乳腺外科に行ってみても良いでしょう。マンモグラフィーなどの乳がん対策を推奨しています。気になることや疑問などもストレートに相談することで不安が消えますし、乳がんに関する知識も増やすことができるものです。