そこまでしても髪の毛の色を変えようとするのか

3ヶ月程髪の毛を切っていなかったので
いよいよと全体の雰囲気がもっさくなってきました

もう限界

なので、本日切りに行く
おまけに色も染め直すと強く意気込んで美容院

到着して今回は若いお兄ちゃん
でも、空気読むのとかうまいんだなこの人
イケてる軍団に学生時代はいた人だと思う。顔もいいし
あんまり担当にはなったことないのに
サッとヘアカタログを女性用持ってくるとこらへん
いやぁ、こりゃモテそうだねこの人と思うもん(ワタシの好みは女性ショートのカタログ)

で髪型がある程度決まって
あとは、色
本当は派手に行きたいが
社会人15年ぐらい働くと、自分の地位も外への影響も
多少熟知しているので、派手目は迷ってしまう
そこでさらっと誘惑
「インナーカラーちょっとします?」
と、カタログ見せられる
インナーだと確かに目立たない
「内部だったら大丈夫ですよ」
巧みな口説き文句にお客は陥落するもんです

結局インナーカラー代金が通常のヘアカラー+1000円の支払い
まんまと騙される
見た目は確かによさげ
こんな社会人いたらいけないのに

季節の変わり目が一番大変だと実感しながら過ごす

春の終わりや秋の終わりなどの季節の変わり目が一番苦労するなと自分では毎年のように思っています。その理由しては温度差、つまり寒暖差が激しいという事が最も大きい理由です。
寒暖差が激しいと何が大変なのかというとまず体調を崩しやすい事です。急に暖かくなったり寒くなったりなので気温の変化に体がついて行けず、くしゃみが止まらなくなったり、咳が出たりする事があります。自分でも気をつけたいとは思ってもなかなか難しいです。
そして着る服に困ってしまうというのも悩み処です。7分袖だと寒いけど厚手の長袖を着るくらいまでは寒くなかったりする時期はどの服装にするかかなり悩んでしまいます。
そうなった時にベストなのはやっぱり7分袖や薄手のインナーに薄手のパーカーやカーディガンを羽織る事だと自分では思っています。パーカーやカーディガンなら暑くなったら脱ぐ事も出来るし、袖をまくったり腰に巻いたり自分なりにアレンジが出来るというのも良いポイントです。
季節の変わり目は色々と苦労す事も多いですが、その困難を乗り越えて解決策を見つけるのも勉強になるので、大変ではあるけど無くなって欲しいとは思いません。