メダリストたちの帰国会見、みんな若いのに立派な会見でした

オリンピックも閉会し、選手の方たちが帰国してきました。団長、副団長、主将、旗手、メダリストがそろっての会見でしたが、こういう時って、メダルをとっていない旗手の葛西選手は気の毒な感じもしましたが。でも、旗手の方なので仕方ないですよね。きっとこの悔しさをバネにレジェンドはまた頑張ってくれることと思います。他のメダリストたちは喜びの会見でした。皆さん、お若いのにコメントが立派でした。いつもコメントを求められるから上手になるのでしょうか。ウインタースポーツは、皆さんスポンサーの方を見つけることから大変だから、競技をする上でいろんな方たちの援助があったり、サポートがあることに日頃から感謝する気持ちがあるのかなあなんて思ったりしながら見ていました。あまり報道ではとりげられていませんが、小平選手の言葉が印象に残っています。「メディアの方にも感謝したい」というような内容です。自分たちの様子を取り上げてくれているのは、マスコミの方だという話でした。他の言葉も本当に素敵でしたが、マスコミさんに言いたい。こんな風に言ってくれるアスリートに感謝したほうがいいですよ。ですので、あまり変な報道はしないでほしいなって思っています。見ていて視聴者や読者が気持ちよくなるような取材方法をしてくれるといいなあと思っています。