マヨドレというのを発見しました。これはいいです。

あたしは菓子パン好きで連日何かしらは食べていらっしゃるけど、マヨネーズ繋がりが最も好きなんです。コーンマヨ、ツナマヨ、光沢焼きチキンマヨ、オニオンマヨなどなどだ。だけどあのマヨは販売で売られている、マヨネーズとは違うんですよね。色合いも黄色っぽいし。市販のは色合いもあそこまで黄色くないし、すっぱいし、あのテーストは家では作れないのが無念んですよね。とうもろこしの缶詰とマヨネーズを混ぜても、あの菓子パンのコーンマヨにはなりませんね。やばいんですよ。それで今どき、良い製品を認知んです。たまたま普段入らないお職場でマヨネーズ一角で、マヨドレという銘柄のを見つけたのです。マヨネーズとは微妙に変わり、例の菓子パンのマヨと通じるテーストだ。これはいいのを発見しましたよ。何時出始めたのですかね。いずれにしろ、暫しなんだかんだ混ぜて試してみようと思います。今日はすっと、とうもろこしと混ぜてみましたが、ただのマヨネーズと入れるよりかはぜんぜんいいです。コイツ、気がついてない個々多いですね。ラッキーだ。

今年も残り5か月しかなくて海外旅行やビジネスを考える

今年もあっという間に半年が過ぎました。
まだ7月なのにここ最近はとても涼しくてもう夏が終わったようだと昨晩家族と話していたところです。
これからすぐに秋冬となって年末年始になるのだと思うと寂しくてなりません。
そして今年の抱負を見直してみるのですが、3つある内の2つはクリアできそうなのだけども最後の海外旅行をすることは達成できなさそうです。
ここ数年、毎年海外旅行することを目標にしているのですが、お金を貯めようとしてもついつい他のことに使ってしまいます。
あれが必要、これが必要、そしてこれは先行投資だすぐに元がとれる、などと自分に言い訳をしてお金を浪費してきました。
その上収入が今年になってがくんと下がったのも痛くてなりません。
そんな状況の中で今年残り5か月余りをどう過ごそうか考えています。
もちろん節約と収入アップのために行動して行くのですがはてさて何をどうしようかと悩みます。
最近私が注目している流行りものはメルカリや仮想通貨なのでやはりそれ関係のビジネスを突き詰めて行くでしょうか。
とりあえずそれらに関してリテラシーをつけていくことにします。全身脱毛 人気店

豆腐の適正価格の向こう側に見えるワーキングプアの問題

豆腐の適正価格は200円から300円らしい。
適正価格という言葉を使うとき私達は大体「もっと安くてもいいはずだ」といったニュアンスで使う事が多い。でも最近話題になる適正価格は安いではなく「本来はもっと高いものなのだ」という今までとは真逆のニュアンスを含んでいる。豆腐が大豆からお店で売られる製品になるまでの工程を知っている人ならば、現在の豆腐の値段を見て「どうしてこんなに安く作れるんだろう」と思ったことが一度ぐらいあるはずだ。お店によって違いはあれども安売りだと350gぐらいの豆腐はだいたい50円前後で売られている。もやしと共に家計の味方だ。しかしこれは「作っている誰か」がいる。豆腐が安い事は消費者には嬉しいばかりだが生産者の事を考えると少し心配になってしまう。

日本人は「安くて品質も良い」という状況に慣れ過ぎてしまったように思う。確かに安くて品質が良いと気分も良い。しかしそれが当たり前になってしまった状況に日本人は首を絞められてしまっているんじゃないかと思う。これは豆腐の生産者だけの話ではない。

「仕事は早く、正確で給料は安い」

日本は適正価格を考え直さないといけない時期を迎えていると思う。