ライフは相場であるという発想

暮しは、一人一人に与えられた恰も時間であると感じる。
暮しは長くて90歳程度。
0年代から20年代ほどまでは両親に育ててもらい、その先の60歳が結構自分の暮しを歩んで出向くという気持ちになるだろう。
0年代から20年代ぐらいまでは、いわば自分の暮しをあゆむための大事な段取り期間。
両親はその大切な段取り期間にどれだけのことを、やらせて売るだろうか

私立の中学に入学させて上げる。
好きな習い事をザクザクやらせてやる。
暮しの段取り期間の大切さを教えて吊り上げる。

幼児と共に添える時間ははたして限られている。
生まれてから、20歳×一年中 = 7300お天道様。毎日、7チャンス規模一緒にいたとしても、51,100チャンス。はたして低い。。。
小学生に通い始めれば同僚が沢山でき、幼児は幼児同士のチャンスを大切にするであろう。
両親からすれば、一本立ちが始まるといった結構寂しく達するだろう。
但し、幼児のことを考え、辞する辛さに両親も持ち堪えなければいけない。
一本立ちをするまでの期間に大切な記念をめっちゃ創り、幼児からもらった沢山の果報を大事にしたい。三井住友銀行モビット